2012/01/29

フィン・ユール生誕100年記念展 The Universe of Finn Juhl

ミッドセンチュリーを代表するデンマークのインテリア・家具デザイナーのフィン・ユール生誕100年展覧会を覗いてきました。

25平米ほどのこじんまりとした空間での展示でしたが、なんといっても今回は復刻された彼の作品に見て、触れて、座れるところがポイント。

会場では約50点近くの代表的な作品が展示されています。

1945年作のアームチェア45。背座面を支えているフレームが覆い隠されているために座る人が一瞬浮いているかのように見える。アーム後部は座るor立ち上がる時を考え、平たく手のひらがフィットするようになっている。

ペリカンチェア(左)は座高が低く、包み込まれるような安心感がある。まさにクチバシの袋といったところ。フォルムが抜群にかわいい。ビビッドな赤の革張りチーフテンチェア(右)は深い座り心地と堂々とした風格を漂わせている。

座るポジションを選ばず快適に背面を支えるBaker Sofa。モダン彫刻のような外観が特徴的。包みこむようなフォルムはソファにも一貫して見られる。
手前のテーブルはその形が物語っているとおりのEye Table。やや反り上がった縁はフィン・ユールのテーブルデザインの持ち味。

Model137こと別名JAPAN CHAIR。日本の質素美を現したかのような趣で、座高が低く、日本の家屋にもしっくりきそうな座椅子的な雰囲気も持ち合わせている。その横に並ぶのはTRAY TABLE。その名の通り、天板はトレイとして使えるようになっている。両者とも割にシンプルなデザインだが、細部にはやはり曲線が活かされている。

彼の作品と一発でわかる有機的曲線美を放つチェアのシルエット。

モビールとして天井から吊るしてある椅子のアームや脚部のパーツは動物の骨のよう。ミッドセンチュリー同時代のデザインとは一線を画し、デンマークデザインを世界的に確固たるものにしたのは、この独特の動物的で有機的なフォルム。

フィン・ユール生誕100年記念展は新宿パークタワー ギャラリー1で開催中。入場は無料。
期間は2012年 1月28日(土)〜2月12日(日)の10:00〜19:00まで。
触れることのできる展示会はなかなか無いと思うのでご興味のある方はこの機会に是非。
開催概要の詳細は以下のリンクから。

以下のウェブショップでフィン・ユール ヴィンテージの取り扱いがあります。

fabulous moderns

  • Clip to Evernote

posted by アーバンインテリア at 23:53   comment(0)  trackback(0)  | カテゴリ: インテリア雑記

タグ:フィン・ユール 展覧会 エキシビション フィン・ユール生誕100年 Finn Juhl 

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おすすめ
  • MoMAstore
    MoMAstore MoMAstore
    MoMAstore MoMAstore
    MoMAstore MoMAstore
    MoMAstore MoMAstore
    MoMAstore MoMAstore
    MoMAstore
    MoMAstore
    MoMAstore
    MoMAstore
  • All About スタイルストア
  • アマダナ
インテリアの本
最近の掲載アイテム
過去アーカイブ:
RSSフィード
エトセトラ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。