2012/03/12

アルネ・ヤコブセン生誕110年 セブンチェアのウッドシリーズリニューアル

北欧ミッドセンチュリー建築の名匠アルネ・ヤコブセンの生誕110年を記念して、セブンチェアのウッドシリーズに「オレゴンパイン」「エルム」が追加されました。

業界に属していないと馴染みのない木材ですが、オレゴンパインはその名の通り、米国北西に位置するオレゴン州によく見られるマツ科の木。木目の美しさと強度があり、米国ではよく建築材として使われているそうです。

もう一方のエルムは、アメリカ北東部に分布するニレ科の木。くっきりした木目が特徴。

上がオレゴンパイン、下がエルム。

セブンチェアは安価なコピー、リプロダクト製品も多く出回っていますが、やはりここは一つデザイナーの意図を組みこだわりの製造を手がけるフリッツハンセン社製のものを手に入れて欲しいですね。

ディテールへのこだわりが他と比べ断然に違います。
(SEMPREにてそのこだわりを説明しています。)

新シリーズはSEMPREの以下のページより購入が可能です。

  • Clip to Evernote

posted by アーバンインテリア at 13:02   comment(0)  trackback(0)  | カテゴリ: チェア

タグ:アルネ・ヤコブセン セブンチェア ウッドシリーズ チェア ミッドセンチュリー 北欧家具 

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
おすすめ
  • MoMAstore
    MoMAstore MoMAstore
    MoMAstore MoMAstore
    MoMAstore MoMAstore
    MoMAstore MoMAstore
    MoMAstore MoMAstore
    MoMAstore
    MoMAstore
    MoMAstore
    MoMAstore
  • All About スタイルストア
  • アマダナ
インテリアの本
最近の掲載アイテム
過去アーカイブ:
RSSフィード
エトセトラ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。